一体いつから”肩甲骨はがし”が身体に良いものと錯覚していた、、、

未分類

どもども

今日は肩甲骨について

肩甲骨といえば、言わずと知れた

“肩甲骨はがし”

 

肋骨と肩甲骨の間に手を入れてグリグリするやつ

アレは解剖学的に紐解いてみると

背骨から肩甲骨の内側にかけて走行している“菱形筋”の真ん中ぐらいから手を入れて撓ませるんですね

筋肉が柔らかくなればもっと撓むし、手がズブズブ入っていきます

もちろん肩甲骨にはたくさんの筋肉が付着する為、ベロっと外れる事はないので安心してください笑

ただし、、、

肩甲骨は、肋骨に沿って滑るように動くのが本来正しいムーブメント

肩甲骨はがしは、肋骨から肩甲骨を遠ざけてしまう為、やり過ぎると肩甲骨は正しい動作をしてるとは言えません💦

写真のようにボコっと出てしまっている状態のことを”翼状肩甲骨”といいます

場合によっては、肩甲骨付近の痛みや肩関節を使った動作に不具合が出たりします💦

剥がれすぎた肩甲骨を改善するには

“全鋸筋”のトレーニング💪

1.腕立て伏せの姿勢を取る

2.膝を伸ばして肩甲骨を寄せる

3.床を押して肩甲骨同士を左右に離す

⚠️膝が曲がらないように注意しましょう

トレーニングは筋肉をつけるだけでなく、生活を身体の不自由なく送る為にも大活躍します😊

相談も無料で承っております

気軽にご連絡ください📩

LINE@

それでは👋

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました